西洋占星術で「投資の適性」分かります

西洋占星術から分かる「投資してはいけない人」

西洋占星術から、『投資の適性』についてアドバイスをすることができます。

西洋占星術の出生図から、「リスクの高い投資をしても大丈夫な人」「リスクの高い投資をしない方がいい人」を読み取るのです。

投資には様々な種類があります。
競馬、宝くじも投資の一種と思っている方がいますが、これはギャンブルですよ!

基本的に、投資はどれもリスクはありますが、投機に近いリスクの高いものや、預金に近いリスクの低いものがあります。重要なのは、「経済状況」と「自分の性質」に合ったものを選ぶことです。
ホロスコープ

投資の適性は、2ハウス、5ハウス、8ハウスで分かります

投資は、5ハウスが管轄です。この5ハウスに対してスクエアとなる2ハウス(金銭、収入能力)と8ハウス(遺産、借金、融資)に惑星が入っていると注意が必要です!

惑星によって、投資でのトラブルの内容が予測できます

2ハウス、5ハウス、8ハウスにハードアスペクトがある人は、要注意です。

金星は、「愉しさ」の惑星なので、ハードアスペクトがあっても案外軽傷で済みます。

火星は、新しものに興味津々、性急に、そしてやり過ぎてしまう。

木星は、調子に乗ってしまいます。例えば、投資金額を増やし過ぎてしまうとか。増やす天体なので、負債も増やす可能性があります。

海王星は、怪しい情報に自分の夢を乗せてしまいがち。よく分からない内にお金が無くなってしまう傾向があります。情報教材、ネットワークビジネス、詐欺に注意です。

冥王星は、とにかく山と谷が激しい。ヘタをすると財産の全てを失ってしまうなんてこともあります。犯罪に巻き込まれるなど、普通ではありえなそうな仰天エピソードの多くは、冥王星がらみです。

★ご相談承ってます「お金と星の相談室」

占い相談とマネー占星術を活用したお金の相談を行ってます。