書く才能とホロスコープ

文才のあるホロスコープとは

「この楽しさを伝えたい!」
と思って文章を書きますが、出来上がりがイマイチで、よく撃沈します。

「思っていること感じていることを、自由自在に文章で表現できたら楽しいのになぁ」
と感じるこの頃です。

本日のテーマは、
「文才のある人は、どんなホロスコープなのか?」
です。

水星のサインで、書く才能の方向性が分かる

書くことに関して、適性があるとされるサインは、双子座と射手座です。

双子座は、知的好奇心が旺盛で、知識と情報を広く浅く集めます。多彩多芸で守備範囲は広いです。クイズに強い人というイメージでしょうか。学校でいうと、専門学校です。

射手座は、旺盛な知識欲があります。知性は壮大なものでないと興奮しないので、思想、哲学、宗教が関係しています。学校でいうと、大学や大学院です。

他のサインにもそれぞれに特徴があるので、その特徴を生かしていくことが、自分の「書く個性」になっていきます。

惑星は水星をみます。水星は、知性の働き、仕事力、コミュニケーションを表します。水星が各サインでどのような知性の方向性を示すのかを見てみます。

牡羊座

直観力を生かし、0から考え出す。じっくりと順序を立て物事を考えるのは苦手。企画、広告、新聞、雑誌のライターの適性。

牡牛座

実用的な方面で知性を発揮させる。五感の反応を確認して物事を考える。専門的な分野での適性。

双子座

話す、書くという言語能力は天性のもの。広い知識、スピーディーな反応を要求する、ジャーナリスト、通訳の適性。

蟹座

記憶力や想像力に優れ、過去への懐かしさを離さない。物語や詩文を作る才能がある。

獅子座

創造的で派手な表現力があり、 思考には演出力が加わる。広告の分野での適性。

乙女座

分析能力があり、優れた記憶力の持ち主。細かな部分に目が行き届く、評論の分野、編集者への適性。

天秤座

クールな合理性があり、正しいバランスをとろうとする。デザインや音楽、サービス分野での適性。

蠍座

研究心、探求心が旺盛。調査、追跡を必要とする分野の才能がある。真相を暴くジャーナリスト、深みに潜入するルポライターの適性。

射手座

物知りで、豊かな教養があり、終わることのない向上心がある。語学や教育分野の適性。

山羊座

現実思考で、具体的で実際的な分野での適性。実務レベルは有能で合理的なので、生かす方向は多方面に及ぶ。

水瓶座

独創的な思考で、進歩的な考えの持ち主。オーガナイザーとして有望。最新のメディアへの適性。

魚座

感受性が強く、考え方はフィーリング重視。言葉にできない感情を言語にすることに関心がある。詩や文学の適性。

水星の入ったハウスで、書く才能の発揮場所が分かる

「ハウス」は、自分が今いる環境や現実を示します。惑星がどのハウスにあるかによって、惑星が活躍する具体的場所が分かります。

書くことに関する定番は、双子座のナチュラルサイン※ 3ハウスと、射手座のナチュラルサイン9ハウスです。

例えば、双子座や射手座に天体が集中していても、自から創造する場所である5ハウスであれば、自分の好きなものを生み出すので、満足感はあるかもしれませんが、「お金に結びつく」「仕事になる」とは別問題であったりします。売れるものを作るというのではなく、作りたいものを作るのです。

一方、7ハウスであれば、相手の要求に応じて提供できるので、仕事には結びつきやすいですが、満足感は5ハウスに劣ることが多いです。

ハウスは出生時間が分からないと使えません。精度は劣りますが、雑誌の占いのようにナチュラルサインを使う場合があります。
ご自分の出生時間が分からない人は、太陽星座があるサインを1ハウスとしてみてもいいでしょう。

※ ナチュラルサインは、各ハウスには各サイン(星座)が割り当てられている。同時にそのサインを支配している惑星(ルーラー)が決められている。

各ハウスの簡単な意味をお伝えします。

1ハウス

個性、行動の癖、キャラクター、体質、資質

2ハウス

使えるお金、お金儲け、所有物、遺伝的資質

3ハウス

知性、初等教育、近くの旅行、兄弟姉妹、軽めの印刷物

4ハウス

家庭環境、両親、不動産、住まいの飾り方

5ハウス

恋愛、子供、趣味、創作、投資

6ハウス

労働、 働く能力、健康、奉仕

7ハウス

結婚、対人、協力者、裁判、可能性を開く場所

8ハウス

性、遺産、借金、他者のお金、他者の感情

9ハウス

外国、出版、大学や高等教育、法律、哲学、宗教

10ハウス

仕事、キャリア、社会的立場、母

11ハウス

友人、サークル、SNS、未来のビジョン

12ハウス

秘密、マスメディア、潜在意識、罪、精神世界

水星のアスペクトで、どんな文章を書くか分かる

アスペクトとは、惑星と惑星が特定の角度を作った時に生じる決まった役割です。アクションの方向性を表します。

惑星のアスペクトは、文章の個性を表しますので、代表的なものを見ていきます。

※アスペクトがソフト、ハードによって「行動様式」が違うのですが、天体のイメージを優先させましたので、この部分は割愛します。

水星×火星

知性に機敏さが加わる。他者へ強くアピールをしたり、工夫や細かさを持った文章表現力がある。

水星×木星

教養が豊かに発展していく。拡大天体の木星なので、多くの作品を生み出しす枯渇しない作家になる。多くの文章が書ける。

水星×土星

扱う範囲が狭くなるので、専門家としての適性がある。専門書、教材のイメージ。

水星×天王星

直観力にすぐれ、斬新さやアイディアがある。新たな理論を発見することがあるので、専門性を持つとよい。

水星×海王星

豊かなイマジネーションを持つ。詩や物語を書く才能。

水星×冥王星

深い洞察力や推理力、何物も見逃さない観察眼がある。コアで深みのある専門性家の適性。

作家・編集者等の個性

作家と編集者のホロスコープを紹介します。文章を書く人の個性が垣間見れます。

一人目は、知り合いの編集者です。

作家は、個人的な趣味(野球ファン目線)で選びました。
村上春樹氏は、世界的に著名な小説家ですが、実はヤクルトファンなんです。ヤクルトスワローズ名誉会員2号という肩書を持っています。(ちなみに初代名誉会員は出川哲郎さん)

そして、春野球学校で私のコラムを添削して頂いた、ノンフィクション作家・スポーツライターの長谷川晶一氏、同じく文春野球学校のコミッショナーでライター・コラムニストの村瀬秀信氏です。

ある編集者のケース

今回取り上げたのは、小さな出版社で編集の仕事をしている女性です。

ある編集者のチャート

西側(右手)に惑星が集中しています。人の期待に応えたい気持ちが強く、仕事相手をサポートしていきます。

射手座太陽と水星が7ハウスにあります。好奇心旺盛で、未知のものを追い求めます。テーマは、哲学、宗教、外国、教育などです。
☞7ハウス太陽・水星は、色んな人をサポートして行けます。実際に編集者として仕事をしている人は、大学の先生など専門家が多いです。本の内容は、文化、宗教、外国、教育といった固い分野なので、まさに射手座が扱うものそのものです。

個性を示す太陽と、制限の土星、徹底の冥王星がTスクエなので、人生傾向は、予想外の進路変更があります。仕事相手は、自分の限度を超えるようなことを要求をしてきます。

一方水星は楽しそう。めんどくさい人と仕事をしていくのは、超絶大変だけど、知的好奇心を満たしていくことができます。
水星木星トラインは、幅広い知識に恵まれ、水星火星セクスタイルは打てば響く知性を持ち、どのような分野でも素早く自分のものにしていきます。

3ハウスに木星、9ハウスに月のオポジションがあります。この方は主に家で仕事をしているのですが、 大量の仕事を家で行い、プライベートと仕事を行ったり来たりしながら仕事ができます。

村上春樹氏のケース

現在、世界で一番有名な日本人小説家の村上春樹さんのホロスコープを見てみます。

エレメントは火2・地4・風5・水0です。風の知性を現実の地に落とし込み、作品として生み出します。水がないので、情に訴える作風にはなりません。
村上作品のさらっとした知的な雰囲気は、風のエレメントの強さからでしょう。デビュー作品は 『風の歌を聴け』です。

水星・火星合は、機敏で細やかな文章表現能力です。水瓶座の水星なので、周りに左右されない独創的な思考があり、未来を先取りする進歩的な考えの持ち主です。

そして月と海王星のトラインは、一般大衆が何を欲しているかを無意識にキャッチすることができます。ここがベストセラー作家の源のような気がします。双子座月に天秤座海王星なので、風独特の広がりがあります。

射手座金星と双子座天王星のオポジションは、知的で精神的な深みがあり、何といっても鮮やかな冴えたセンスが、人々に大きなインパクトを与えます。

長谷川晶一氏のケース

文春野球学校でお世話になった、スポーツジャーナリストの長谷川晶一さんの特徴もみてみます。

牡牛座太陽、水星、土星があるので、牡牛座特有のシャイさ、確実性、忍耐力が強調されます。牡牛座は自分にとって大事なものを手元に置いておきたいので、仕事関連などで愛着のあるものは、きっちりと手元で保管をするでしょう。

牡牛座が強いと、物を多く持っている人が多いです。例え物が少なくても、愛着のある何かをずっと手元に置いています。

水星と土星は「職人的知性」です。広く浅くよりも、得意分野をつくり専門性を高めます。

牡牛座太陽、水星、土星に加え、月が獅子座なので持続力半端ないです。そして頑固というか、確固たるものを持っています。地が強く、不動サインが強いので、 連載物や続編という形に適性があります。締め切りは必ず守るタイプです。

双子座の金星・火星合は、遊び精神旺盛です。
真面目でコツコツタイプのパーソナリティーにミーハーさが加わります。
「楽しい!」と感じることに関しては、機動力を発揮させ、色んな場所に出没するのでは?この双子座金星と火星の遊び心が「プロ野球バカ本」に大いに現れています。純粋に、単純にとにかく楽しかったです。

村瀬秀信氏のケース

文春野球学校のコミッショナーの村瀬秀信さんのホロスコープの特徴です。

乙女座に太陽、水星、金星があります。近道や手抜きを許さず、細部には独自の拘りがあり、他の追随を許しません。

太陽火星のスクエアは、自我の太陽と火星の攻撃性の葛藤でもあるので、「言い過ぎ」や「やり過ぎ」てしまう所がありそうです。時にはケンカもしてしまうことも?

特徴的なのは、火星に豊富なアスペクトがあることです。観察力があり、表現力優れる双子座火星が、バリエーション豊かになります。

ハードアスペクトが多く、Tスクエアでもあるので、人生は一筋縄ではいかず、遠回りの傾向です。
火星冥王星のタイトなトラインが、ホロスコープの肝です。独特の粘り腰で最終的に目標を達成できる「巨大活力」があります。 多くのことを請け負いすぎる傾向はありますが、心身とも奇跡的な回復力を持っています。

村瀬さんが「止めたバットでツーベース」で描いた人の多くは、プロ野球をこよなく愛する市井の人です。遠回り人生だからこそ描ける、笑顔の裏の寂しさや小さな希望が見えてくる描写がとても心に残りました。

わたしのケース

おまけです。

水星は、太陽とコンジャンクション0度のみです。11ハウスにあるので、共感してもらえるような文章(蟹座)をSNS(11ハウス)で発信をしていくと、星を生かせます。

アスペクトは、2ハウスにある乙女座冥王星のセクスタイルがあるので、自分の資質(2ハウス)を使って、専門性やマニアックさがあるものを、生み出していけます。

9ハウスのカスプが牡羊座で、惑星は牡牛座土星があります。土星の年齢域である55歳~70歳の間に、他の人が触れていない事柄について、専門的な文章を書き残したり、人に教えたりする可能性があります。☜頑張れわたし!

★ご相談承ってます「お金と星の相談室」

占い相談とマネー占星術を活用したお金の相談を行ってます。