2021年10月 天体の動き

タフな「交渉」決着は月末以降

天秤座に、太陽(9/23〜10/22)火星(9/15〜10/29)、水星(8/30~11/5)が滞在します。

天秤座は相手あっての自分。自分でガンガン進めるのではなく、常に相手との対話や交渉をしていきます。

コミュニケーションを象徴する水星は、9/27~10/18まで逆行します。この間は議論が繰り返され、交渉は二転三転する傾向があります。着地点が見つかるのは、逆行終了後、太陽や火星が蠍座に移行する月末以降になるかもしれません。

金星は、蠍座(9/11~10/6)ではフォール(下降)の配置で、居心地が悪いです。射手座(10/7~11/4)に移ると、明るさや軽やかさが出てきます。お金の流れ、愛情面でスムース感や大雑把な面が出てきます。

スムースになってきます

逆行天体が、順行になっていきます。11日から土星、18日から木星、19日から水星が順行になります。霧が徐々に晴れたり、滞っていたものに流れが出てきそうです。土星は5月下旬、木星は6月の下旬から逆行していたので、10月中旬からリスタートの雰囲気が出てきます。

新月・満月

新月と満月のタイミングもみてみます。

新月

10月6日は、天秤座で新月が起こります。新月は「スタート」です。
待っているものが動き出したり、出来事の節目となることが起こりやすくなります。
「優柔不断」「相互依存」「偽善」これらを解放することが、『天秤座新月』の力を得ることに繋がります。

天秤座テーマ:
「共存共栄」「合意」「バランス感覚」「反対意見の尊重」「交渉」「協力関係」「他人との折り合い」

満月

10月20日は、牡羊座で満月が起こります。

牡羊座テーマ:
「スタート」「熱意」「行動力」「開拓者精神」「本能」「積極性」「純粋さ」「自分らしさ」「探検」「競争心」「勇気」

★ご相談承ってます