習慣は怖い

習慣とは

日常の決まりきった行いのこと。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと。
(Wikipediaより)

いわゆる「よい習慣」を身につけると最強ですが、「悪い習慣」が身についてしまうと、これほど厄介なことはありません。

金持ちはやらない「貧乏な人」の生活習慣

金持ちはやらない「貧乏な人」の生活習慣
「お金持ち」はコンビニに行かないと、All about で、午堂 登紀雄氏が述べています。 

最近のコンビニは、とても優秀なので、買い物をするのは結構楽しい。でも冷静に考えると、コンビニは割高。同じものならスーパーで買う方が安い。コンビニで買う自分なりの正当な理由がいと、惰性でお金を使ってしまうことに繋がります。

塵が積もるごときの出費は、じわじわと家計を圧迫していきます。

コンビニ通いが止まらない

昨年末、セブンイレブンの「金のミルクアイス」にハマって、ほぼ毎日食べていました。濃厚なミルク味なのに、さっぱり感がある。クリーミ―できめが細かく口どけが最高です。

コンビニ通いが続いた年末のある日、いつも感じていたアイスの美味しさに感動がありませんでした。もちろん美味しいです。

そこで気づきました。
「これ以上アイスを食べると、習慣になりそうだ。」
この日を境にコンビニ通いを一旦止めました。

金のミルクアイス

コンビニでお茶を買う習慣をやめてみる

例えば、ペットボトルのお茶を毎日買う人。
120円×245日(会社員の平均勤務日数)=29,400円

自分の家でお茶を入れてくる or 会社でマイカップで入れる
297円×13箱=3,861円
伊藤園 おーいお茶ティーパック 20袋 297円(税込み)

差額 29,400円ー3,861円=25,539円

25,000円程お得になります。

「仕事が忙しくて、コンビニで買う方のがいいのだ!」
など、はっきりとした理由があればいいのです。

でも、家でお茶を入れてきたり、会社で給湯室で自分でつくる習慣ができれば、25,000円/年苦労せずに節約することができるんですよね。

よい「お金の習慣」作りませんか?

繰り返しになりますが、習慣とは「日常の決まりきった行いのこと。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと」です。

自分にとって、あたかも決まりのようになれば(習慣)しめたものです。自動運転と同じで、無意識レベルでできます。

2020年は、無理なく続けることができる「マイお金習慣」を何か作りませんか?

健康も習慣が大事~人間ドックにひっかかった話

友人が、会社の近くにあるパン屋さんのキッシュにハマって、ほぼ毎日食べていました。この日々の真っ只中に受けた人間ドックで、中性脂肪値がかなり高くなり、体重も結構増加していることが分かりました。
この原因を考えた所、真っ際にキッシュを食べる習慣が思い当たりました。
で、この習慣を辞めた所、中性脂肪値が元に戻り、体重も減ったと報告がありました。

習慣恐るべしです。

★ご相談承ってます「お金と星の相談室」

占い相談とマネー占星術を活用したお金の相談を行ってます。