「お金持ちは長財布」について考える

「お金持ちは長財布」はもう時代遅れ?

少し前に「お金持ちが持っているのは長財布だった!」という内容の本が流行った時期があった。長財布を勧める本は出版不況の中で20万部を超えるヒットとなり、類書や同様の記事が登場した。さて、2018年の現在、ネットで「お金持ち 長財布」と検索をすると「長財布を使い始める人はますます貧しくなった」や、「嘘だ」といった否定的な内容が出てきている。「お金持ちは長財布を使っている」のは本当に正しいのか?それとも間違いか?

最初に長財布ブームを作り出した著書は700人以上の社長の財布を見てきた税理士で、その経験から「稼いでいる人はお金を大切に扱うことができ、お金が快適に過ごせる長財布を持っていることでお金に愛されるのだ」と、やや精神論的というかスピリチュアル的な論理展開をしていた。この話は全面的でないにしろ、部分的には正しいだろう。お金を丁寧に取り扱える人とは、概してお金の把握ができている人であるという考え方もできる。

しかし、世のお金持ちがみんな長財布を使っているのか?というとそうではない。長年、ファーストクラスでVIP客へサービスをしてきたキャビンアテンダントは「トップビジネスマンは二つ折り財布が多い」と違った持論を展開している。こうなると主張する人によって異なるから事実が分からなくなってくる。


ZUU Onlineでの1年半くらい前の記事です。
「お金持ち=長財布という訳でもないよね~」
と常々思っていることもあり、面白く読みました。

今日は「お金持ちとお財布について」ちょっと書いてみます。

お金事情が変わってきた

「キャッシュレス化にどこまでついていけるか?」
わたしのテーマです。(笑)

クレジットカードはよく使っていますが、スマホ決済アプリはまだ使っていません。理由は、初動特有のめんどくささと、「 スマホに多くの機能を持たせるのちょっと心配」という思いです。
 
ちなみに、アメリカはキャッシュレス大国ですが、非モバイルです。中国は逆です。今後両国のキャッシュレス事情がどう変化していくか気になる所です。こちらの記事 「キャッシュレス大国アメリカに“Payブーム”がまったく来ないワケ」に詳細があります。
 
イラストACやままさんイラスト
 
スマホ決済を多用している方や、クレジットカードのヘビーユーザーの方は、長財布は必要ではないかもしれません。そう遠くない未来、 テクノロジーの更なる進化によって、お財布が不要になるかもしれません。

ウォーレン・バフェット氏の財布

アメリカの投資家、経営者、資産家であるウォーレン・バフェット氏は、二つ折り財布の持ち主です。2011年に中川金属を訪問した際の写真にお財布が映っています。お財布の中身は10ドル札2枚。
 
余談ですが、
バフェット氏は、2019年度版フォーブスアメリカ長者番付の第3位。総資産80.8 billionなので約8.75兆円程。

アルバイトで作った資金を元手に1代で莫大な資産を築きました。しかも資産の99%を50代からです。投資に興味がある人は是非読んでみて下さい。
 

 

お財布いろいろ

わたしが印象に残っているのは、ホリエモンはお財布を持っていないということ。マネークリップを使用。(以前雑誌で読んだ)

お財布を使い分けている人も多いと思うのですよ。皆さんは使い分けしませんか?

わたしはスポーツ観戦の時は、CHUMSの財布です。 カジュアルに使いたい時はこれに限ります。

お財布の「形」や「値段」より重要なこと

お財布の「形」や「質」や「値段」が重要じゃないと思うんですよ。  
 
おデブ財布の持ち主(レシートやポイントカードでいっぱい)は、 お金や自分自身のことがきちんと把握できておらず、いわゆる「無駄」が多い人。 これは、実際にお金の相談をさせて頂く時のヒアリングで実感していることです。
わたしが同等に考えているのは、「冷蔵庫に期限切れの食材が沢山入っている人」「部屋が汚い人(どのような汚さかにより例外あり)」も無駄が多い人が多いです。
 
二つ折り財布はもちろん、リーズナブルな財布でも、きちんと整理されていれば問題ないのです。

お財布は「合理性」を重視

お財布に関することは、占い師的視点よりFP的視点が強いです。合理性を優先させます。

なので、満月のお財布ふりふりや、風水や五行によるお財布選択は、少々懐疑的です。
もちろん「あり」だと思います。心から信じることができれば、これをきっかけに金運がアップすることはあると思います。ただこれは、あくまでもきっかけです。
 
自分の趣味に合ったもの、気に入ったものを持ちたいので、 金色、黄色、赤や、蛇革、鰐革財布がよいと言われても、気に入ったものを探すのに結構な時間がかかりそうなので、このチョイスはありません。
 
一時、お金持ちはどんなお財布を持っているのか?と調べた時期がありました。カバンの底で輝くような、奇抜・斬新・鮮やかなお財布(オーソドックと対極の意味)を持っている方は、ほとんどいませんでした。

長財布から二つ折り財布へ 

昨年末長財布から二つ折り財布に変えたのですが、その理由は、母からプレゼントしてもらったバックに、長財布が入らなかったのが主な理由です。荷物を少なくしたいと常々思っていたこともありましたし。
 
このお財布を選んだ理由は、一目ぼれです。東京にある某プロ野球チームのファンということもあり、「燕柄」が決定打でした。(笑)
 
 

 

★ご相談承ってます