2021年12月 天体の動き

社会的な転換点

4日は皆既日食です。日食は、月が太陽の前を横切るため、月により太陽の一部や全部が隠される現象です。この皆既日食は、日本から遠い南極周辺で見られるのですが、大きな意味合いを持ちます。

新月は始まりです。その中でも日食は大きな変化の訪れを表しますので、通常の新月よりもパワフルです。長期的に保たれてきた「体制」「組織」「制度」が急変する可能性がある時期です。

火星は蠍座で一番生き生きします。12日まではエネルギッシュな勢いを感じさせます。

29日に木星が魚座に移動します。社会の雰囲気が、他人への共感、弱い立場の人に目を向けていく流れになっていきそうです。

新月(皆既日食)・満月

新月(皆既日食)と満月のタイミングもみてみます。

皆既日食

4日は、射手座で皆既日食が起こります。通常の新月よりもエネルギーが強いので、人によっては体調、感情が不安定になるかもしれません。
新月は「スタート」です。待っているものが動き出したり、出来事の節目となることが起こりやすくなります。

射手座キーワード:
「自由」「冒険」「探求」「自発性」「率直」「真実への追求」「寛大な心」「向上心」
「落ち着きがない」「熱し易く冷め易い」「楽観的(すぎる)」

満月

19日は双子座の満月です。文字通り「満ちる」時です。「結果が出る」、「状況の変化がある」、「重要な出来事が起こりやすい」タイミングです。

双子座キーワード:
「身近な人間関係」「社交」「好奇心」「臨機応変」「多芸多才」「他者理解」「情報収集」「一石二鳥」
「移り気」「落ち着きがない」「詮索好き」

★ご相談承ってます