2022年3月の天体の動き

「救済・癒やし」それとも「混沌・カオス」か?

3月は、水星(〜3/9)、金星(〜4/5)、火星(〜4/14)が水瓶座に滞在します。土星が水瓶座をゆっくりと通過中なので、水瓶座濃度が高くなります。

「自分のことばかりではなく、もっと広い視野で考えようよ。」
「自分の国のことだけではなく、世界の国のことを考えようよ。」
という感じでしょうか。

10日に水星が魚座に移動します。魚座には既に、太陽、木星、海王星が滞在中なので、魚座色も強くなります。魚座は「救済」「癒やし」がテーマですが、「混沌」「無秩序」「カオス」も魚座の領域です。

3月3日 魚座新月

新月は3月3日に、魚座の2ハウスで起こります。この新月と木星が合で、4ハウス牡牛座天王星がセクスタイル。多くの人が、物質面に関して変化を感じそう(起こすという意味も)。合理的なスタイルの選択。

2ハウスで水星土星の合。マンデン図で読むと、財政面で行いたいことがありますが、慎重になり時間がかかる。1ハウスで金星、火星、冥王星の合。国民(1ハウス)の活力、エネルギーが大きくなっていますが、外へ噴出する感じではない。

3月18日 乙女座満月

3月18日は乙女座の満月です。魚座のアスペクトは、ハードでもソフトでもちょっと変なことが起こります。「事件」「自己犠牲」的なことです。

7ハウスと1ハウスでの満月です。7ハウスに太陽、海王星、木星、水星があります。7ハウスはマンデン図では「外交」「戦争」を示します。ウクライナ情勢が気になりますが、魚座海王星と木星があるので、本質が見えない、分かりにくい。煽るように感じる報道には裏がある?過剰に反応しない方がよいでしょう。

3月21日 春分図

マンデン占星術では、春分図で1年をみます。「お金とインフラ」が2022年のテーマと書きました。よろしければ、こちらの記事もご覧ください。
3ハウスが気になるのです…

小学生が大変…

マンデン図では、3ハウスのテーマは「インフラ」「メディア」「隣国との取引」などです。個人のホロスコープでは「コミュニケーション」「知性」「兄弟姉妹」「移動」そして「初等教育」です。初等教育は、年齢的に言うと、5~7歳から11~12歳頃迄です。マンデン図として星を読んでいても、3ハウスのステリウムは「初等教育」であるこの年代の受難としてどうしても見えてきてしまいます。

現在オミクロン株の流行、それに伴うワクチン接種、学校生活でのマスクの有無など、様々な判断が求められています。魚座海王星と魚座木星は柔軟サインなので、噂が流れやすくなり、本質が掴みにくくなり、過剰に不安を感じる傾向が出てきます。

お子さん(特に小学生位)がいらっしゃる方は、重要な決断をする際は情報のソースをしっかりと確認をすることが必要です。最終的には人と同じにするのではなく、自からの考えで行ってください。

インフラが大変!(電気代、ガス代が高い!)

皆さん、電気代、ガス代上がっていると感じませんか?インフラは、3ハウスの領域です。
電気の使用量は前の月と同じ位なのに、電気代が2,000円も上がっていてビビりました。ツイッター情報でも、悲鳴のようなツイートが沢山流れていました。

 

★ご相談承ってます