2022年4月の天体の動き

「破壊力」「明るい動き」どちらが強く出るか?

現在木星は魚座に滞在中です。6日に金星が魚座に入ります。お金のこと、経済関連で明るいニュースが飛び込んでくるかもしれません。

一方で、水瓶座で火星と土星の合があります。火花が散るような、破壊力のあるアスペクトです。
「明るいニュースが追いやられて、シビアに現実を見ざるを得ない出来事が生じる」
となる可能性を含む星の動きです。

4月1日 牡羊座新月

新月は4月1日に、8ハウスの牡羊座で起こります。水星も近くにあるので、太陽、月、水星の合です。

8ハウスは、マンデンでは「国債」「海外経済」「財源」を表します。「インドに円借款3000億円 鉄道建設、医療施設整備」というニュースが3月20日に飛び込んできましたが、海外に金銭的な援助をする動きなど、海外とのお金のやり取りに注目です。

7ハウスの木星、海王星が気になります。 7ハウスは、「外交」「同盟国」「敵対国」を表します。木星、海王星は拡大天体なので、リアルに判断することが難しく、楽観、甘さといったものが出てきます。きちんと相手を見ているか?相手に対して、気前をよくし過ぎていないか?外交が気になり過ぎます。

4月17日 天秤座満月

4月17日は、天秤座で満月が起こります。

満月は月と太陽が対抗の位置に来るので(180度)、Tスクエが出来やすいです。今回は、1ハウス太陽、7ハウス月、11ハウス冥王星のTスクエアです。
太陽は「国」、月は「国民」、冥王星は「深刻な事態」「強制的圧力」「異常事態」などを示します。国は、同盟国からの強いプレッシャーがあり、国民は、議会、政党に関して強いストレスがある。

水星と天王星の合もあります。2ハウスでの合なので、あっと驚くというか、革新的なことが通信、情報の分野で起こるという感じです。これはお金に関わります。例えば、スマホ、アプリなどで、「えっこんなことができちゃうの?!」といったニュースがあるかもしれません。

 

 

★ご相談承ってます