2022年5月の天体の動き〜部分日蝕、皆既月蝕があるのでインパクトあり!

もくじ

前半はスピード感 後半は減速そして、行ったり来たり


5月は、金星が3日、木星が11日、火星が25日に牡羊座に入ります。4月は情緒的でウェットな雰囲気がありましたが、一変して「火」特有の闘う場面が多くみられそうです。

木星のサインが変わると、社会の機運、雰囲気といったものに変化が生まれます。社会的には、自己主張をして新しい試みにチャレンジするような勢いが生じますが、一方で自分勝手で利己的でもあります。

金星は、牡羊座で「下降の座(フォール)」になるので、財政面では衝動的で計画性に欠ける所があります。火星は、牡羊座は「本来の座」となります。火星が最も純粋な力を発揮するので、荒々しさ、スピード感が出てきます。

23日に水星が逆行します。(〜6月3日)見直しやイレギュラーなことが多くなるので、この期間は物事が減速していくでしょう。

5月1日 牡牛座新月 部分日蝕(日本では見えません)

太陽、月の合(新月)の隣に天王星があります。そして魚座火星がセクスタイルです。金融、経済でお金が大きく動くようなイベントがありそうです。日蝕は12ハウスで起こるので、隠れた場所で目立ちにくいかもしれません。実は重要なんだけど、大きく報道されていなかったり、他の出来事に隠されてしまうという感じでしょうか。

 

 

5月16日 蠍座満月 皆既月蝕(日本では見えません)

前回の満月同様、Tスクエアが出来ています。今回は、9ハウス牡牛座太陽、3ハウス蠍座月、6ハウス水瓶座土星のTスクエアです。

Tスクエアは欠けている部分で問題が起こりやすいです。欠けているのは獅子座なので「個人の自由」や「子ども」に関連します。世界のやり方や動きに倣うという動き、学校関連で新しい動きがあるかもしれません。

Tスクエアは、緊張感や葛藤がある、厳しい複合アスペクトです。地のサインなので、既存の価値感を維持することに固執します。

5月30日 双子座新月

双子座に太陽、月、水星。牡羊座に金星、木星。火と風の関係です。やる気が出てきて、風通しがよくなりますが、煽られます。水星が逆行しているので、この地点で早急に判断をすると、やり直しをすることになりそうです。

5月は、水星も逆行します

2022年は昨年に引き続き、風のサインで水星が逆行します。起こりやすい分野は、
・通信関係の問題
・インフラ、交通機関
・メディア
個人レベルで問題となりそうなのは、
・対人関係のやり直し
・「言った、言わない」問題
・連絡ミス

水星逆行は、合計4回あります。2023年に跨る12月29日からの逆行は、地のサインになります。
1月14日(水瓶座)〜2月4日(山羊座)
5月10日(双子座)~6月3日(牡牛座)
9月10日(天秤座)〜10月2日(乙女座)

12月29日(山羊座)~2023年1月18日(山羊座)

風のサインで逆行しますが、クオリティー(活動宮、不動宮、変動宮)で色合いが異なります。双子座での逆行は、風のサインなので、広範囲に広がります。変動宮なので、絶えず変化します。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    もくじ