トランプ大統領のホロスコープ

 ドナルド・トランプ大統領のホロスコープ

今、世界で一番の注目を集めているといっても過言ではありません。ドナルド・トランプ大統領のホロスコープをみていきます。

風と火の人

まず、エレメンツです。エレメンツは、「価値観」や「行動原理の中心」にあるものです。
火:3
地:0
風:4
水:3
風と火が強いです。風は「論理」が物事の判断基準です。そして火の判断基準は、総合的な「直感」です。幅広く情報を収集して(風)、総合的な直感(火)で決断をしていきます。地が0なので、損得で物事を判断しません。

わたしたちは、太陽星座を含めて10天体を持っています。個人天体と呼ばれる、公転周期の速い天体(5つ)は、その人のパーソナリティに大きな影響を与えます。公転周期の遅い天体(5つ)は、「学年」や「世代」の特徴となります。→トランプ大統領は、個人天体に風、火が多く入っています。

即断即決即行動

クオリティは、季節の変化に由来する分類です。その人の「行動特性」を示します。
活動宮:5
不動宮:2
柔軟宮:3
トランプ大統領は、活動宮が強いです。活動宮は、新しく物事を始めるのが得意で、主導権を握ろうとします。意志が強く、決断をすぐ行動に移します。ネガティブな意味合いでは、あちこちでスタートさせるので、衝突が起こりやすいです。

<記号〜参照>
太陽☉/月☽/ 水星☿/金星♀/火星♂/木星♃/土星♄/天王星♅/海王星♆/冥王星♇

牡羊座 ♈/牡牛座 ♉/双子座 ♊/蟹座 ♋/獅子座 ♌/乙女座 ♍/天秤座 ♎/蠍座 ♏/射手座 ♐/山羊座 ♑/水瓶座 ♒/魚座 ♓

空に向かい雄叫びをあげるライオン

トランプ大統領のホロスコープは、『東の空に向かって雄叫びをあげるライオン』のようです。

獅子座のアセンダントに獅子座火星がのっています。ここは強力で、戦闘力抜群です。

天王星が効いています。天王星は、ありきたりを嫌い、不必要な常識や慣例を壊していきます。

この天王星が、人生目的の太陽と重なります。納得できないことに対して、従属したり迎合するのが何よりも嫌です。天王星は普遍的な世界で生きようとするので、ローカルな社会ルールに従属しません。

太陽天王星合の対向に月があります。誰にも迎合しない生き方を目指します。月は感情なので、感情の暴発が生じやすくなります。

太陽と月が天王星に絡むと、反逆的というか、ロック(ロックンロール)です。どんなに不利な状況になろうとも、自分が正しいと信じていることを貫きます。

※アセンダントは、生まれた瞬間の東の地平線と黄道の交点。人の個性そのもの、第一印象。
※出生時間は、アストロドットコムを参照しました。

家族が一番

蟹座金星は、人懐っこさがあります。相手の対する労りの感情や同情心が強く、深い愛情の持ち主です。

蟹座水星は仲間に対する思いが強いので、人によって身内の栄贔屓に映ることもあるかも。そして蟹座水星に天秤座海王星がスクエアなので、うっかり発言、話の脱線という場合も。

土星と金星の重なりは、男性であれば年の若い女性との関わり(奥様年が離れてます)というベタな読みもできますが、ビジネスセンス発揮の意味合いもあります。

不動産王

お金を示す2ハウスと、社会的地位を示す10ハウストラインは、稼ぐ力を強調します。
トランプ大統領の10ハウス太陽は、2ハウスの木星とトラインです。自力でお金を稼ぎ、社会的影響力を高めます。また、2ハウス木星は4 ハウス月とも良い関係です。4ハウスは、家族、家、親、不動産を表しまので、ファミリービジネスという流れになります。

トランプ大統領にとって、ファミリーで不動産ビジネスをすることは、財産を増やすと同時に社会的地位を高めます。不動産王という称号はぴったりです。

今後の天体の動き

トランプ大統領の2021年は、出生太陽に、拡大・発展の木星の応援がきます。(トライン)
この水瓶座木星は、恒久的に価値があることに力を入れます。

ちなみに、トランプ氏が大統領になった時も、太陽に天秤座木星の応援がありました。(トライン)プラスして出生木星に、このトランジット木星が重なっていました。

トラインはインパクト大!というトランジットではないですが、もともとトランプ大統領は「風」の性質が強いので、「風」の木星を活かすことができれば非常に大きなムーブメントを起こす可能性を秘めています。

トランプ大統領の2021年のソーラーリターン図をみると、集中力を持って事に当たることができ、ここぞという時に、ダイナミックさを発揮できる年になります。

一方で、理不尽で訳の分からない状況下に置かれるイメージも同時にあります。

※ソーラーリターン図とは、出生の太陽と同じ度数に太陽が回帰した天体図です。誕生日から1年の流れがみることができます。およそ3ヶ月前くらいから影響があると言われています。

今後の流れそして、個人的予想

1月6日は、アメリカ連邦議会で選挙人団投票結果の開票と認定が行われます。アメリカのみならず、日本を始めとする世界の国々に大きな影響を与えます。

天体の動きは、1月6日に大統領の認定が行われ、1月20日に大統領が就任というスムースな流れになるのは難しそうです。何度か衝突があり、大きな調整を行った上で大統領が決定されるのではないでしょうか。そして、個人的には、トランプ大統領が再選されるとみています。

★ご相談承ってます