1月20日に何が起こるか?

ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領へ!

前回、コロナはどうなるかという記事をアップしましたが、天体の動きを「コロナ」に焦点を当てすぎたなと、ちょっと反省しています。

昨年から激しい星回りです。昨年から具体的にどんなことが起こるのか、様々な情報を集めて、あれこれ考えていました。

アメリカ大統領戦の日程に、天体の動きがガチッっとピークにハマるんですよ。具体的にどのようなことが起こるのか、ここのところずっと情報収集をしていました。

その結果、
「1月20日は大統領の選出はなく、軍が国を管理し(その間フリン将軍)、3月4日にドナルド・トランプ氏が第19代アメリカ共和国大統領に選出される。」
のではないかという結論に至りました。

色んな人が色んなことを言っています。わたしもその一人。そもそもバイデン氏が時期大統領に再選されるという人が圧倒的多数で、わたしは明らかに少数派でしょう。

2021年の抱負の一つは
「クレイジーと言われても、自分の意見を言う!」
なので、これを実践させて頂きます。(笑)

第19代アメリカ共和国大統領?

第19代アメリカ共和国大統領に選出というのは、サイモンパークスさんの動画でも言及していたかと思います。他にも誰か言及していました(ちょっと忘れた)

サイモンパークスさんは、イギリス・ヨークシャーの市会議員でイギリスの調報機関Mi6の祖父、Mi5の母というの家庭に産まれ、現在アメリカのCIAで、諜報機関より依頼を受け、アメリカで仕事をされているそうです。差し障りのない範囲で情報を提供しています。そりゃ、諜報機関の人なので全ては言いませんよね。

以下は(サイモンさんではありません)「はろーふろーむロングビーチ」さんの動画からの引用の要約です。ミシェル・アンティトラーさんの動画から翻訳しています。


トランプは、アメリカ第45代大統領には就任せず、復活した共和国第19代大統領に3月4日就任します。

アメリカ合衆国は1871年以降、存在していません。国であることをやめ、 City of Londonに所属する企業になりました。

アメリカの国旗でティルトとフリンジの旗は企業の旗で、国の旗ではありません。1月20日にJB、KH、MPが逮捕されたら誰も米大統領になれる人はいません。

トランプも議会で大統領に選出されなかったので、大統領の地位に届かることができません。1月20日の時点で、だれも大統領になれない場合は、企業としてのアメリカ合衆国は解散となります。その間の移行期は軍部が国を守ることになり、選挙が圧倒的にトランプの勝利となった証拠を見せられることになります。

トランプは第19代アメリカ共和国第19代大統領に選出されます。アメリカが企業になる前に選ばれた大統領は、ユリシス・S・グラントでした。共和国が復活します。究極のゴールは、1871年の国の企業化を破壊することと、アメリカを憲法の元人民に取り戻すことです。

こちらが、出典元の動画です。

これがしっくり

FOXニュースでは、機密解除されたオバマゲート文書が明日の午後までにリリースされる予定だそうですし、色々と明らかになっていきますよ。

あと、これが一番しっくりするんですよ。トランプ大統領はよく、MAGA
「Make America Great Again」
と言ってますよね。

共和国を取り戻すことを意味するのではないでしょうか。

そして、わたしがこの大統領選がとても気になるのは、日本人に非常に大きな影響があるからです。

★ご相談承ってます