プロフィール

もくじ

千草友紀子 略歴

2007年〜西洋占星術、タロットの勉強を開始

2009年〜ご紹介を中心に個人相談を開始

2011年12月~2016年1月 占いのお部屋『アクアリー原宿店』にて占い鑑定を行う

2014年 8月〜2021年2月 大手占い会社で電話占いを行う

現在は、個人相談を中心に「占い相談」を行う

シェアオフィス「HAPON新宿」にて、月に2回対面相談実施中


外資系企業を中心に、20年以上経理を中心とした管理業務に従事しており、現在は2か所で経理業務を行う

千草友紀子からのメッセージ

占星術師・千草友紀子(ちぐさ ゆきこ)と申します。

「山高ければ谷深し」の仕事運

20代は一部上場企業のO Lで、非常に楽しい時間を過ごしていました。

周囲の人に恵まれ、お給料もよく、有給休暇がとりやすく、毎日会社に行くことが楽しみでした。

30歳入ってすぐ、会社の事業形態が大きく変わったことを契機に転職。

転職先の日米の合弁会社は、当初は外資系文化に慣れずに戸惑いましたが、個性的な同僚と働くことは刺激的でした。

の会社もお給料を含めた環境面がとてもよかったです。

転機となったのは、アメリカのITバブルが弾けたこと。合弁が解消されたことを機に転職をしました。

以下は、30代半ばから数年前までの出来事です。

  • 面接回数は2次、3次面接、落ちたものも含め延べ60回以上
  • 残業100時間越えで体調を壊し休職したこと2回
  • ブラックな環境で会社を辞めたこと2回

占いを勉強するキッカケ

占いを勉強し始めたのは、

「わたしの仕事は、何でこんなに両極端なの?」

この「何で?」

を解明したかったからです。

健康診断のように通っていた占い師の先生に、マンツーマンで西洋占星術を教えてもらうようになりました。

「何で?」のこたえは、ホロスコープ(出生図)に刻まれていました。西洋占星術の勉強が楽しくて楽しくて、結果として仕事になりました。

占いが仕事に

マンツーマンで占いを習っていた先生に、

「占い師は、どうしたらなれるんですか?」

と聞いた数週間後に、先生が所属しているお店の新店舗の面接を受けさせてい頂き、翌週からレギュラー出演をすることになりました。

この後今に至るまで、「占い」と「経理のしごと」の二足の草鞋、二刀流です。

「稼ぐチカラ」を伸ばします

占い相談では、「社会人経験」「経理の実務」「FPの経験」を生かして「仕事」「お金」「人間関係(恋愛、結婚含めて)」のご相談を行っています。

今後は、「ホロスコープから、稼ぐ力を探し伸ばす」にフォーカスしていきます。

具体的には、ご相談者の稼ぐ力をホロスコープを通してアドバイスします。

なぜ「仕事を発展させる」こと「副業」が重要なのか?

今後日本経済は、先行きが不透明です。

30年間日本人の給与が上がっていないのに、現在は、物価、社会保険料、各種税金が上がっていってます。現に金融庁は自助努力して下さいと、具体的な提言をしています。

ある日突然「自分」や「パートナー」の仕事がなくなるかもしれません。

そうなった時、節約を始めとしたお金を流出させないことは、割とすぐできます。一方で、準備をしていないと「お金を生み出すこと」はすぐには出来ません。

なので、今ある仕事に付加価値をつけること。あるいは、将来本業になる可能性を秘めた「副業」を行うことが大事になってきます。

最後に

あなたのホロスコープには、ご自身が気づいていない「才能」が眠っているかもしれません。あるいは、成長できる種がいくつも持っているかもしれません。

あなたの可能性の種を、見い出し、育てるサポートをお手伝いいたします。

占いの世界は「恋愛」相談がとても多い。わたしの場合経歴からでしょうか、お受けするご相談は、「仕事」「人間関係」「お金」が多いです。

占い相談の王道である「(複雑なものを含める)恋愛」「結婚」のご相談もございますし、得意であることを、最後につけ加えさせて頂きます。

    もくじ
    PAGE TOP