「風の時代」を危惧するー冥王星水瓶座入り前に考察

今は山羊座冥王星の時代

2022年5月4日現在、冥王星は山羊座28度を逆行中です。

冥王星が山羊座入りしたのは、2008年1月27日です。(逆行中には一時的に射手座に戻りました)

2008年は、
・リーマンショックを皮切りに世界で株価暴落。日本でもバブル後東証最安値の7,162円90銭を記録
・黒人初のアメリカ大統領が当選・中国四川で大地震
・インドのムンバイで同時テロ
など、大きな出来事が立て続けに起こった年です。

冥王星は太陽から最も離れた惑星で、公転周期は約248年です。軌道が楕円形を描くので、各サイン(星座)の滞在年数にばらつきがありますが、約20年をかけて、一つのサインを巡ります。山羊座の次の水瓶座入りは2023年3月25日です。逆行期間中は、山羊座に一時的に戻りますが、2024年11月21日からは完全に水瓶座に移ります。

太陽から遠い天体は、時代を反映するような大きな出来事起こり、その出来事を通じて思想が型づくられ、その世代の特徴となって現れたりすることもあります。

山羊座は、ヒエラルキーが大事。組織や社会のルールを厳守し、自分の所属するグループ、地域や国などに対し強い帰属意識を持ちます。山羊座に冥王星が滞在していると、既存の組織や社会のシステムを壊し、新しいものに作り変えていきます。

水瓶座時代へ

水瓶座は、ヒエラルキーを降ります。山羊座が象徴する社会や組織のあり方、規律や上下関係などを超えて、フラットな世界観を構築していきます。

天体の動きとしては
・2020年3月23日一足先に土星が水瓶座に入室。
・2020年12月22日、木星と土星が山羊座で重なる(グレートコンジャンクション)。
・土星は2020年12月18日、木星は2020年12月20日水瓶座へ入室。
・2023年3月25日冥王星が水瓶座に入室、逆行2回経て、2024年11月21日冥王星水瓶座に入室。

冥王星が2023年3月25日に水瓶座に入室した時は、木星は牡羊座、土星は魚座に移動しています。既に、水瓶座の地ならし済みです。

ちなみに前回は、1777年4月に冥王星は水瓶座に移動しました。アメリカ独立戦争(1775年4月19日〜1783年9月3日)の真っ最中です。アメリカ合衆国は、イギリスの植民地支配を拒否して、政治的独立を図っている時です。

アメリカ独立宣言、

…すべての人は生まれながらにして平等であり、すべての人は神より侵されざるべき権利を与えられている、その権利には、生命、自由、そして幸福の追求が含まれている。

冥王星が山羊座から水瓶座へ移行する、象徴的な出来事のように思われます。

風の時代を危惧する

土星が水瓶座へ移動する時に、
「風の時代到来!」
西洋占星術界隈で、前向きなことが書かれている記事を多く目にしました。例えばこんな感じのこと。

「水瓶座が影響する風の時代は、所有ではなく、共有する時代になります。シェアハウス、カーシェアリングなど、持たない文化が、今後ますます拡大していくでしょう。」

「地の時代は性別、国籍、国境への強いこだわりがありましたが、風の時代はボーダレスへと変化します。国籍や性別などに縛られずに、幸せを追求してください。」

新しい時代が到来して、胸が高鳴るようですが…

「皆と共有って、行き過ぎると共産主義っぽくならない?」
コトバンクでは、「共産主義は、最も一般的に定義すると,私有財産制を廃止して,全財産を社会全体の共有にしようとする思想または運動であるといってよい」とあります。

移民問題・少子化問題

「ボーダーレスになったら、日本人いなくなってしまうかもよ?」
少子化問題を外国人労働者や移民で解決しようという動きもあります。ヨーロッパの移民問題(イギリス、ドイツ、スェーデンなど)で起こっていることは、日本でも十分に起こりえます。

少子化問題は本当に心配です。
「日本の15歳未満人口比率は世界194か国中193位と世界ワースト2位(2020年)。更に昨年2021年の出生数は過去最少。子育て公的支援はイギリスやフランスの半分。教育への公的支出は世界181か国中135位(2019年)。OECDで賃下げは日本だけ。」
というツイートをメーデーの日に見ました。少子化対策を本気でしていかないと、日本はこれから非常に難しい状況になって行きます。

トランスジェンダー

現在トランスジェンダーが様々な場面で注目されています。
性別に縛れないことは、本当によいことでしょうか。ケースバイケースで考えていく必要があると思うのです。

例えば「トランスジェンダー」で真っ先に思い浮かんだのは、東京オリンピックでトランスジェンダーのウエイトリフティング選手が出場したことです。
ニュージーランド出身のローレル・ハバード選手は、20代は男子選手として活躍しており、30代でホルモン治療を受けて女性となりました。女性となった後2020年にイタリア・ローマで開催されたワールドカップでは、女子選手として+87kg級で金メダルを獲得しています。

男性としての選手時代があり、男性としてトレーニングをしていたことを考慮すると、これはフェアと言えるのでしょうか。女性と骨格の違う元男性が女性と同じフィールドに立つことに違和感を覚えます。

SDGsの世界観と似ている?

「風の時代」で言われてることは、SDGsの世界観に似ているように感じます。
SDGsは「人類がこの地球で暮らし続けていくために、2030年までに達成すべき目標」

具体的な17のゴール・169のターゲットを示したアジェンダがあります。このSDGsが、地域、学校、会社、国と、ありとあらゆる所にあります。1つの価値観で全ての人を取りこぼさないというSDGsの世界。気になるのは、17の目標の中には、伝統についての記載がないことです。

SDGsを取り入れる社会のゴールには、個人の自由は確保されるのでしょうか。わたしは、一人ひとりの考えや行動を尊重する寛容な社会であって欲しいです。

★ご相談承ってます