人生の変化の傾向は「年齢域」で読む

 年齢域って?

天体には、発達『年齢域』という考え方があります。

人は、年齢を重ねながら自分の中の様々な部分を発達させていきます。その年齢でないと理解できない事柄ってありますよね。これをそれぞれの年齢域で育成していくのです。

年齢域では、人生の変化の傾向を、出生図から推測することができます。

 

月の年齢域

発達年齢域:0歳~7歳

意味:感情、習慣、個人の生活領域

◎生き方の基礎的部分が作られる

水星の年齢域

発達年齢域:8歳~15歳

意味:知性、コミュニケーション能力、情報収集能力

◎適応力、敏捷性、知恵を発達させる

金星の年齢域

発達年齢域:16歳~25歳

意味:楽しむ能力、個人的感受性

◎新しい楽しみを発見する

太陽の年齢域

発達年齢域:26歳~35歳

意味:人生の目標意識

◎人生の意義を見出そうとする

火星の年齢域

発達年齢域:36歳~45歳

意味:強い意志力、推進力、行動力、積極性、攻撃性

◎個人の能力を方向づける

木星の年齢域

発達年齢域: 46歳~55歳

意味:拡大、発展、成長、容認

◎木星が示す場所を、何でも拡大・発展させる

土星の年齢域

発達年齢域: 56歳~75歳

意味:成果、責任、制限、安定性

◎人生の到達イメージ

★個人の年齢域として読むのはここまで。天王星・海王星・冥王星の年齢域は概念として記します。

天王星の年齢域

年齢域:76歳~85歳

意味:独立性、常識を超える

海王星の年齢域

年齢域:85歳以上(死ぬまで)

意味:無意識、目に見えない世界への意識

冥王星の年齢域

年齢域:死ぬ間際

意味:死と再生、魂の世界への帰還

ハウスで天体の育成場所が分かる

ハウスに入室している惑星を見ると、具体的な活動傾向を知ることができます。

ハウスを見るには、出生時間が必要になります。西洋占星術は出生時間が必要と言われる所以でもあります。

サンプル

サンプルとして、わたしの年齢期を。

12ハウス/獅子座・月

一時期家族と離れて、祖母の家に住んでいたことあり、想像の世界に浸る時間が多かった。

11ハウス/蟹座・水星

部活動が中心の学生時代を過ごす。

10ハウス/双子座・水星

大学時代は、アルバイトと卒論に燃えていた。卒論は、海外から資料を送ってもらったり、企業にインタビューに行ったりと、今思うとかなりの積極性と機動力を発揮していた。結果、卒論を新聞に取り上げて頂くといった出来事も。

会社では、クラブの世話役になり、上手くないのに地区の試合に出場していた。

11ハウス/蟹座・太陽

週末は、会社の同僚とや友人たちとテニス旅行やスキー旅行へ。スケジュール帳は、予定でいっぱい。

4ハウス/射手座・火星

外に出るより、部屋に友人を招いたり、一人で趣味の時間に浸るのが好きだった。占星術の勉強をスタートさせたのはこの時期。家で、ポテチとビールでスポーツ観戦も好きな時間。

2ハウス/天秤座・木星

↑今ココ
会社勤めを辞めて、自分の資質を活用して収入を得るというスタイルへ変更。お家で寛ぐのが大好き。

9ハウス/牡牛座・土星

遠めの旅行をしたり、本格的に勉強をしたり、アウトプットとして教える場面が増えるかな。勉強(研究)の成果を形に残すとかも。

年齢域は要チェック

クライアントのホロスコープを読むとき、まず全体をみます。その際、年齢域もチェック項目の一つです。

「わたしの年齢期の惑星は、何ハウス?」

現時点で力を入れるポイントが、分かります。

★ご相談承ってます